総計: 1343944  今日: 54  昨日: 223       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
  平成17年12月6日講演会
 

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。

 

日本製キリスト教

(メイド・イン・ジャパンのキリスト教)

講師:マーク・R・マリンズ上智大学教授

 

 

 西洋から移植されたキリスト教が日本社会の様々な領域に大きな影響を与えたことは疑いない。しかし、文化と宗教伝統との出会いが引き起こす変化は、一方通行ではない。キリスト教の側もまた、日本社会、日本文化との出会いによる変化をこうむってきた。日本人は、海外からもたらされたキリスト教を受動的に取り入れただけではなく、能動的な主体として、 信仰を再解釈・再構成し、 多くのオルタナティヴな日本のキリスト教伝統を生み出した。あまり人に知られていない土着運動の事例を取り上げながら、日本宗教史のなかで果してきた役割と意義を明らかにし、かつその今日的な意味を問うことにしたい。

                                                       (マーク・R・マリンズ)

 

まーく・R・まりんず 1954年アメリカ合衆国アラバマ州生。アラバマ大学卒業、リージェント大学(カナダ)を経てマックマスター大学(カナダ)で博士号取得。宗教社会学専攻。1985年から日本在住。四国学院大学、明治学院大学をへて現在は上智大学比較文化学部教授。  著書に

Religious Minorities in Canada (1989)、編著書にPerspectives on Christianity in Korea and Japan1995)、Religion and social crisis in Japan2001)、Handbook of Christianity in Japan2003)、「メイド・イン・ジャパンのキリスト教」(2005.潟gランスビュー)などがある。

 

主 催:宗教新聞社
共 催:にっぽん文明研究所
日 時:平成17年12
月6日(火)午後3:00開場、3:30〜6:00
会 場:スクワール麹町3F華の間
     電話03(3234)8739
JR・地下鉄四ッ谷駅麹町出口正面
会 費:2000円(本紙購読者1000円、
にっぽん文明研究所優待者1500円)

申し込みは11月30日までにお願いします。

 

 宗教新聞社 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-13-2~101

          電話03-3353-2940 FAX03-5363-5182

           E-メール web-religion@siren.ocn.ne.jp

 にっぽん文明研究所

             電話045-481-9361 FAX045-491-7461

 

宗教新聞社講演会お申込はこちらをクリック

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成18年3月6日講演会
 次のテキスト: 平成17年10月6日講演会
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.