総計: 1472575  今日: 201  昨日: 484       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成17年2月20日号[天地]
   小説『いま、会いにゆきます』(市川拓司著、小学館)が二〇〇三年三月の発売以来、ロングセールを続け、同名の映画もヒットした。テーマや売れ方が『世界の中心で、愛をさけぶ』とよく似ている▼物語は以下のよう。妻に先立たれながらも六歳の息子・佑司と二人で何とか幸せに暮らしている秋穂巧。そんな巧たちの前に、一年前に逝ったはずの妻・澪(みお)が梅雨のはしりのある雨の日に現れる。しかし彼女は、一切の記憶を失っていた。巧と佑司はそんな澪を優しく迎え入れ、三人のちょっと不思議な共同生活が再び始まる。記憶の戻らない妻に、自分たちの恋の歴史を語って聞かせる夫の巧。やがて二人は「二度目」の恋に落ちる。そして佑司は「二度目」の母との触れ合いを喜ぶ。しかし、六週間の雨の季節が終わりを告げるのとともに、澪は再び巧たちの前から去っていく。巧と佑司の心に消えることのない宝物を残して…▼巧は佑司に「ママはアーカイブ星に行った」と説明していた。自分たちも死んだらそこに行き、また一緒に暮らすのだと。茨城県鹿嶋市にある私立中学で一年生に「デス・エデュケーション」を行っている四十代初めの男性教師も、生徒に「死んだらどうなるの」と聞かれると「子供には星に行くと教えているよ」と答えているという。生徒はそれで満足するようだ▼かつて死は深刻に向かい合う思索の対象であったが、どうも最近の若者の間ではそうではなくなっているらしい。いうならばファンタジーの世界だが、それだけ身近なフィーリングでとらえようとしていることは確か。若い世代がどんな死のイメージを持っているのか、宗教はもっと関心を持つ必要があるだろう。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成17年3月5日号[天地]
 次のテキスト: 平成17年2月5号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.