総計: 1472591  今日: 217  昨日: 484       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成17年4月5日号[天地]
   愛・地球博の呼び物の一つは人間のように動くロボットだ。一九八五年のつくば科学博で登場した二足歩行のロボットは、歩くたびにガシャーン、ガシャーンと音がするようなごつい機械だった。ピアノ演奏をするロボットもいたが、鍵盤を弾く指の動きがぎこちなかった。それが、トヨタグループ館ではトランペットやホルン、ドラムなどを滑らかに演奏していた▼案内ロボットは、目や口元など顔の動きが自然で、見ていて違和感がない。これには「不気味の谷」を超えるブレーク・スルーがあったという。ロボットを人間の動きに近づけると、ある段階でとても不気味に感じられる状態になり、なかなかそこから抜け出せない。つまり、人間に似ているのに、人間のような動きをしないから不気味なのだ。もっとも、そんなのは人間にもいそうだが。開発者たちは、さらに細かく顔の筋肉の動きを調べ、顔形も実際のモデルから取り、ようやく「不気味の谷」から脱出した▼こうした人型ロボットは日本が一番進んでいる。その大きな理由の一つは、宗教的制約がないからだという。キリスト教社会では、「神の創造を侵害する」として反対されるし、技術者にも心理的な抵抗がある。日本には江戸時代からからくり人形の伝統があったし、名古屋は特にそうした工芸の盛んな町だ▼「ロボットがなぜ自然の叡智なの」と言う人には、「ロボットを作ることで自然理解が格段に深まる」と答えよう。体の構造や、それを動かす脳の仕組みが明らかになる。しかし、ロボットが心を持つことはない。あくまで、心があるかのように振舞うだけ。もっとも、「心の無い人より、有るかのようなロボットの方がいい」と言う人が出てくる可能性はある。身近な人にそう言われないよう気をつけよう。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成17年4月20日号[天地]
 次のテキスト: 平成17年3月20日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.