総計: 1053801  今日: 144  昨日: 358       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
   平成17年7月20日号[天地]
   映画『きみに読む物語』は認知症になった妻に、夫が二人の出会いからの物語を語って聞かせる話。妻は次第にそれが自分のことだと気づくようになるが、次の瞬間には目の前にいる夫に、「あなたはだれ!」と叫ぶ。そんな不安定な老妻を、夫は我慢強く介護する▼天地子は認知症になった母が老人ホームに入っている。脳内出血が原因で徐々に症状が進み、足も動かなくなった。気候がいい日には車で連れ出し、昔のことを知っている人を訪ねたり、生まれ育った場所に連れて行ったりしている。突然、まともな答えが返ってくることもあるので、こちらの想像以上に話は理解しているのかもしれない▼がんと十年間闘った宗教学者・岸本英夫は「死は大いなる別れである」と言っている。クリスチャンでありながら、近代知識人として死後の世界を信じきれず、仕事に打ち込むことで生きた証を残そうとした。その結果、社会とのかかわりの中で、岸本は長く記憶されることになる。同じような生き方をした医師も多い▼どうも人間は、自分の物語を紡ぎながら生きているようだ。縦軸は時間であり、横軸は人や社会とのかかわり。そのどちらからも断絶され、孤独に陥るのが怖いのだろう。かかわりを保ち、それを少しでも高めようとする。それが人の一生ともいえる。自分の力でそれができなくなった人には、手助けしてあげよう。母が最後まで自分の物語を紡げるよう、祈る日々である。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成17年8月5・20日合併号[天地]
 次のテキスト: 平成17年7月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.