総計: 1052644  今日: 19  昨日: 337       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成18年12月20日号[天地]
   那智勝浦から新宮をめぐる熊野古道を歩いた。JR紀勢本線那智駅の近くにある補陀洛(ふだらく)山寺は、補陀洛渡海の僧を出した寺として知られる。南の洋上にある浄土を目指し小舟を漕ぎ出す信仰で、九世紀から十八世紀にかけて同寺からは二十五回試みられた。井上靖の小説に『補陀洛渡海記』がある▼バスで大門坂へ。樹齢八百年の夫婦杉から始まる石段が熊野古道大門坂で、息を切らせながら登った。うっそうとした杉林の中を曲がった石段が続き、まさに古道という感じ。途中、森の切れ目から見えた那智の滝は息を呑む美しさ。昔の貴人らもこの風景に心打たれたのだろう。坂の前で買った一袋百円のミカンでのどを潤す▼那智山の中腹に鎮座する熊野那智大社は、熊野三山の一つで、熊野十二所権現を祀る。温暖の地ゆえ山は紅葉が盛りだが、社殿脇にはイノシシの絵が飾られ、新年の準備が整っていた。平日なのに参拝客が絶えない▼隣接して青岸渡寺(せいがんとじ)がある。明治の神仏分離以前は「那智の如意輪堂」と呼ばれ、熊野那智大社と一体の寺院として発展したという。この境内から、那智の滝が三重塔と並んで見晴らせる。参拝者に頼まれシャッターを切った▼坂道と石段を降ると、次第に滝の音が近づいてくる。やがて目の前に現れたのは、那智の滝を御神体とする飛瀧神社。滝の前に石の鳥居が立っている。日本人の信仰の原風景を見た感じで、しばし呆然とする▼バスで那智駅へ。列車がないので別のバスで新宮に行き、熊野速玉(はやたま)大社にお参り。熊野川河口近くに鎮座し、全国熊野神社の総社とのこと。JRで紀伊勝浦に戻り、勝浦温泉で疲れを癒やす。贅沢な旅だった。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 最初の掲示物です。
 次のテキスト: 平成18年12月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.