総計: 1053803  今日: 146  昨日: 358       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!

 

  平成20年10月5日号[天地]
   ようやく秋らしくなり、畑のブルーベリーも一息ついた。彼岸前に墓周りの草を刈ったついでに隣の畑もきれいにして、ブルーベリーの根元にお礼の化成肥料をまく。天地子の家の墓は畑の横にある。終えた命を偲びながら新しい命をはぐくむ――ことを意識したわけではない。年間を通して花が咲いているように考え、今はまだムクゲが薄紫の花をつけている▼去年、野菜畑の三分の二をつぶしてブルーベリーを二十一本植えたのは成功だった。草取りが面倒だからというものぐさな理由と、長野の義兄宅で食した味に引かれたからだが、何より女性たちに喜ばれた。取れ過ぎて、知らないうちに妻に捨てられるということもなかった▼同じころ、自治会の氏神様のお祭り。わが集落は田んぼに浮かぶ小島のような山すそに開け、山の上に「お天王さん」と呼ぶ八坂神社がある。朝七時から総出で掃除をし、しめ縄を取り替える。蚊取り線香をくゆらせた社殿でお祓いを受け、玉串をささげ、昼からは下の会堂で直会(なおらい)を兼ねた常会。顔ぶれの変化で世代交代も分かる▼三年後には町の祭りに自治会で「やっこ行列」を演じることが報告された。長い毛やりを掲げ、投げては受ける。「二十五人は要るけん、それまでは生きておらんとな」と長老が笑った。秋晴れの一日、穏やかな昼下がりの語らいだった。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成20年10月20日号[天地]
 次のテキスト: 平成20年9月20日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.