総計: 1472575  今日: 201  昨日: 484       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!

 

  平成20年6月20日号[天地]
   四月二十日に播種(はしゅ)式を行った天地子の家の近くの斎田で六月七日、十一月二十三日の新嘗(にいなめ)祭で宮中に献納する米の田植え式が、古式ゆかしく行われた▼この日の主役は、かすりの着物に茜(あかね)だすき姿の早乙女にふんした小学四年から六年生の女子児童十人。大勢の地元住民や保護者が見守る中、裸足で斎田に入り、泥に足を取られそうになりながらも、太鼓の音に合わせて丁寧にコシヒカリの苗を植え付けた。天地子は白い装束でそれを補助する役▼驚いたのはアマチュアカメラマンの多いこと。とりわけ年配の人たちが本格的なカメラを構え、プロさながらにシャッターチャンスを狙う姿は、壮観でさえあった。もっとも、こうした光景はいろいろな撮影スポットでお目にかかる。それが充実した老後の過ごし方の一つであり、カメラ産業を支えているのだから、喜ばなければならない▼さて、県知事の出席も予定されていたのだが、神事が始まっても顔が見えない。代理出席なのかと思っていると、神事が終わり、田植えの行事になると顔を見せた。後で宮司が、政教分離を気にして、早くから来ているのに神事が終わるのを待っていたとつぶやいた。その宮司の顔をよく見ると、中学の恩師ではないか。しばし昔話に花を咲かせる▼この日に植えた苗は九月上旬に抜穂式を行い、精米した米一升(1・8リットル)を宮中に納める。ほかに穂のままの束を伊勢神宮に納める、とかの宮司が教えてくれた。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成20年7月5日号[天地]
 次のテキスト: 平成20年6月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.