総計: 1052579  今日: 291  昨日: 187       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 平成26年案内 
 平成25年案内 
 平成24年案内 
 平成23年案内 
 平成22年案内 
 平成21年案内 
 平成20年案内 
 平成19年案内 
 平成18年案内 
 平成17年案内 
 平成16年案内 
 バックナンバ
社説
  平成21年7月5日号
   

曹洞宗第108回通常宗議会
広報設置で社会的責任図る
荼毘塔補正予算案は否決

 

施政方針演説する渕英徳宗務総長。後方は國安格典議長=6月22日、東京・芝の宗務庁

 

 

 曹洞宗(福山諦法管長、渕英徳宗務総長)第百八回通常宗議会(國安格典議長、定数七十二人。出席七十一人)が六月二十二日から二十五日までの四日間、東京・芝の宗務庁で招集された。広報設置により宗門の社会的責任を図る曹洞宗広報規程制定案は特別委員会(乙川暎元委員長)報告後、全会一致で可決されたが、京都・東山区にある道元禅師荼毘塔近傍建物取得費二億二千万円は予算委員会(横井真之委員長)で「必要性、必然性なし」で否決された。本会議でも可とするものが半数に満たず否決された(棄権四人)。否決は近年の宗議会になかった異常事態で内局への不信が一挙に高まりそうだ。予算委員会での可否の審議に時間がかかり予定を十時間オーバーして夜十時半、閉会した。

 開会式で仏祖諷経後、福山管長は北朝鮮の短距離ミサイル発射を「世界の平和を希求するものには憂慮に堪えない」と非難、「仏祖と感応道交し人々が安心、安寧、秩序に導かれるよう願う」と垂示した。國安議長答辞につづき議員勤続二十年の佐藤良彦師(長野法泉寺)が福山管長から表彰された。
◆渕宗務総長施政方針演説(要旨)=@新型インフルエンザのため五月十四日「舞洲アリーナ」での梅花流奉詠大会を中止した。二十二年度の奉詠大会は、島根出雲市「かみアリーナ」の内定を取り消し、舞洲アリーナでの開催を内定したA駒澤大学は本年四月一日、石井清純学長、齋藤正副学長の新体制となった。監事充実のため公認会計士を常任監事とした。資金運用の問題再発防止に向け意思決定と執行管理の体制を確立するB福島会津地区四か寺を訪問し、過疎問題に取り組むにあたり貴重な話を聞いた。問題解決の方向性や施策の着手が見受けられないとの指摘があるが、
・・・

 

尾張一の宮シンポジウム
神さまって何?
真清田神社


身近な神様について議論する尾張一の宮シンポジウム=6月21日、愛知県一宮市の真清田神社

 

 全国百八社の一の宮にお参りすることで日本の国を正そうとの趣旨で平成十一年に設立された一の宮巡拝会(関口行弘代表世話人)が今年、十周年を迎えるのを記念し六月二十一日、愛知県一宮市の尾張国一之宮真清田神社で、記念シンポジウム「神さまって何?―もっと身近に神さまを―」が開かれた。
 最初、池内了(さとる)総合研究大学院大学理事・葉山研究センター教授が「物理学と神」と題し講演し(4面)、関口代表の司会でパネル・ディスカッションが行われた。
 飯田清春真清田神社宮司(全国一の宮会会長)は、「五十年以上、神職として奉仕しているが神様の姿が見えたり、声が聞こえたり、触られたりしたことはない」と前置きし、体験を語った。
 「神職は神様と氏子・崇敬者の仲立ちをするものだが、明治以降の神職はひたすら神様にお願いする役割になってしまった。最初に奉職した伏見稲荷でそれを感じたので、瀬戸市の山中にある小さな稲荷神社に移り、高齢の宮司に仕えた。半年後、拝殿でお参りしていた時、突然、体の中で渦巻くものがあり、苦しくなって吐き出すと、社殿や山の木々が黄金色に輝いて見えた。その瞬間、人間として生まれた自分の使命は神に仕えることで、死ねば先祖の元に帰るだけだと思った。以後、待遇を気にせず懸命に仕え、神職の研修会では私の体験を話している」
 続いて池内教授は、ビッグバンについて「一番のネックはビッグバンの前はどうだったかが説明できないことだ。科学で解明できるという人もいるが、私は永遠の神話になるのではないかと思う。仮定をおいて説明するしかなく、その仮定が異なるとまた別の話になる。それは神話と同じで、最初の一撃については解けないだろう」と答えた。さらに、「法則は単純で美しい。なぜあるのかは問わないが、サムシング・グレートはいると思う。社会や人間、自然との関係では、私は八百万の神を信じている。神はいのちと言ってもいい」と自らの神観を述べた。
 海外生活の長い著述家の齋籐盛之氏は、「フランスの子供に神様はどこにいると聞くと、空にいると答える。その場合の空、天は複数形でアメリカでも同じだ。イスラム教でも、ムハンマドは複数の天を巡って神に出会う。唯一の神が複数の天に同時に存在している感覚が分からないと一神教徒にはなれない。日本の神様は神社の本殿にいるのが特色で、見えなくても鎮座している」と語った。
 松江市で中学・高校英語教師をしているダスティン・キッド氏は、「両親はモルモン教の家庭で育ったが、
・・・

 

<2面>

  • 第4回G8宗教指導者サミット開催
    国連ミレニアム開発目標の実施を
    ローマ

  • 米聖公会離脱グループ
    「北米アングリカン教会」設立

 

<3面>

  • 本紙講演会(下)
    なぜ、長野に善光寺があるのか?
    善光寺玄証院住職 福島貴和
    湯福神社の軒先から出た
    高句麗系渡来人の足跡
    百済に恩返しの善光寺仏

<4面>

  • 嘉祥の儀・和菓子まつり
    菓子司が奉製、招福を祈願 
    日枝神社

  • 埼玉県神社関係者大会
    奉祝天皇陛下御即位20年記念

<5面>

  • 「後生の一大事」を知ろう
    仏教婦人連盟で青木新門さん講演
    山梨・如来寺

  • 神嶽山神苑整備工事竣工奉告祭
    池泉回遊式庭園が完成
    寒川神社

<6面>

  • 人・建築家・NPO法人小石川後楽園庭園保存会理事 猪狩達夫氏
    神田川に「儒学の道」を
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成21年7月20日号
 次のテキスト: 平成21年6月20日号
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.