総計: 1155833  今日: 299  昨日: 302       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 平成26年案内 
 平成25年案内 
 平成24年案内 
 平成23年案内 
 平成22年案内 
 平成21年案内 
 平成20年案内 
 平成19年案内 
 平成18年案内 
 平成17年案内 
 平成16年案内 
 バックナンバ
社説
  平成21年9月5日号
   

第44回教誨師中央研修会
A指標の受刑者改善更生図る
功労教誨師37人に感謝状
全国教誨師連盟

 

挨拶する平野俊興全国教誨師連盟理事長=8月26日、法務省庁舎大会議室

 

 

  財団法人全国教誨師連盟(総裁、大谷光真浄土真宗本願寺派門主)主催、法務省協賛の第四十四回教誨師中央研修会が八月二十六、二十七、二十八の三日間、東京・霞が関の法務省庁舎大会議室で全国から百十二人の教誨師が参加して開催された。本年度から数年にわたり受刑者の集団編成別による研修を計画する中、初年の本年は犯罪傾向が進んでいないA指標施設に所属する教誨師を中心に行われた。二十八日には教誨の功労者に対し、森英介法務大臣(代理、佐藤剛男法務副大臣)から法務大臣表彰が二十五人に、岡野聖法・日本宗教連盟理事長から同連盟理事長表彰が十二人に授章された。なお、本研修会は財団法人JKAの競輪公益資金によって開催された。

 開会式で平野俊興同連盟理事長(浄土真宗本願寺派)は「三割の再犯者による犯罪が全体の六割を占めている。入所一度の者の再入所率は27・4%で二度以上の再入率48・3〜63・7%に比較するとかなり低い。このことから初入所者は比較的再犯防止が容易であろう。この再入率をさらに下げれば二度以上の入所人員は下がり、収容者減少につながる。そこでA指標受刑者の改善更生が大切になる」と述べた。
 尾崎道明法務省矯正局長は矯正行政への協力に感謝し、「法務省では昨年十二月策定された犯罪対策閣僚会議『犯罪に強い社会の実現のための行動計画2008』で掲げたように、薬物依存者、性犯罪者など受刑者の問題に応じたプログラムを実施し、改善更生、再犯防止に向けた指導の充実を図っている。少年法の一部改正を踏まえ少年院在院者の年齢や心身の発達の程度を考慮し、特性に応じて処遇するとともに保護者に対する指導助言を実施し矯正教育の充実に努めている」(代読、澤田健一官房審議官)と現状報告した。
 次いで「矯正の現状」と題し富山聡法務省矯正局成人矯正課長が基調講演。その中でPFI手法による刑務所の整備運営事業について「山口・島根県の二施設で進めている。官民協働により運営の透明性を図し、開かれた矯正施設を目指している」。被害者の視点を取り入れた教育では「研究会の成果を踏まえて策定した標準プログラムに基づき、被害者に誠意をもって対応するよう教育している」など多岐にわたる矯正の現況を報告した。最後に宗教教誨に触れ「教誨は受刑者の信教の自由を保障するためにあるとともに、受刑処遇で最も大事である
・・・

 

全国戦没者追悼式
不戦の誓い新たに



全国戦没者追悼式で黙祷を捧げられる天皇皇后両陛下=8月15日、日本武道館

 

 六十四回目の終戦記念日を迎えた八月十五日、政府主催の全国戦没者追悼式が天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、東京千代田区の日本武道館において行われた。式典には遺族や各界代表など約五千四百人が参列し鎮魂の祈りを捧げた。
 式壇中央には「全国戦没者之霊」と記された標柱が立ち、その左右に天皇皇后両陛下から下賜された生花が供えられた。背景には各省庁の長、全国都道府県の知事などから寄せられた二万五千本の白菊と黄菊が飾られた。
 午前十一時五十一分、開式とともに全員が起立するなか、舛添要一厚生労働大臣の先導で両陛下がご臨場、席に着かれたのち参列者全員で国歌を斉唱した。主催者を代表して麻生太郎首相は「わが国は多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」と述べるとともに「不戦の誓いを新たにし、世界の恒久平和の確立に向けて、積極的に貢献していくことを誓います」と式辞を述べた。
 次に、両陛下が式壇中央の標柱前に進まれ、正午の時報と共に全員で戦没者に対する一分間の黙祷を捧げた。続いて天皇陛下のおことばがあり「本日、戦没者を追悼し平和を祈念する日に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遣族を思い、深い悲しみを新たにいたします。終戦以来既に六十四年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べられた。
 追悼の辞で江田五月参議院議長は「米国のオバマ大統領の核廃絶発言で、世界が新しい扉を開こうとするこの機会に、恒久平和の
・・・

 

<2面>

  • WCC総幹事にトゥヴェイト牧師
    ノルウェー教会でエキュメニカル担当

  • 09年国際佛光青年幹部会議
    50ヵ国から250人参加
    国際佛光会

 

<3面>

  • 親鸞聖人の足跡をたどる・茨城県
    築地本願寺仏教壮年会研修旅行
    報恩寺、西念寺、大覚寺、如来寺

<4面>

  • いのちを見つめる集い
    娘の心音で救われた人生 
    仏教ホスピスの会

  • 喝破道場の35年を振り返って
    野田大燈 財団法人喝破道場理事長・曹洞宗「報四恩精舎」住職
    非行少年、不登校児を預かり
    引きこもりの社会復帰を支援

<5面>

  • 千鳥ヶ淵戦没者追善供養
    平和希求の心に国境なし
    日蓮宗

  • 見直される丹後半島の神性
    丹後王国のロマン
    京 都

<6面>

  • 人・修験一乗宗・祇王山法唱院住職 細川了海さん 
    山伏が悩める人に喝!
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成21年9月20日号
 次のテキスト: 平成21年8月5・20日号
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.