総計: 940927  今日: 40  昨日: 167       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成21年10月20日号[天地]
   四年ほど前から、近くの神社の境内でのラジオ体操に、雨でない限り毎日参加している。朝の散歩の途中に立ち寄り、誘われたのがきっかけで、今では朝の大切な習慣に。神社を管理している老夫婦が、いわば主宰者。体操が終わると、奥さんがガッツポーズをしながら「きょうも一日元気で頑張るぞ!」と叫び、参加者も「頑張るぞ!」と合わせる。二十人ほどで大半が高齢者、女性が七割ほど▼今年の夏休みは親子連れの参加者が増え、賑やかだった。嬉しいことに、その中から小学生の男子が二人常連になって、今も通い続けている。そして、奥さんの代わりにかわいい声で叫ぶので、みんなの拍手でお開きとなる▼毎日六時半に集まっていると、日の出の時刻変化がよく分かる。今頃は、昇る朝日を浴びながらの体操で、ご来光に手を合わせる人もいる▼冬の寒い朝には、管理人のご主人がドラム缶で焚き火をする。鎮守の森を時々剪定しているので、燃料には事欠かない。旅の土産を持参する人がいると、火を囲んでしばしの雑談になる▼知らない人の輪に入っていくのは少しの勇気が要るが、入ってみると温かい。田舎でも都会でも地域の絆は弱まり、孤独感が人々の心を痛めている。日々の暮らしに人の温かさは欠かせない。神社や寺が、もっと人々の集まる場になって欲しいものだ。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成21年11月5日号[天地]
 次のテキスト: 平成21年10月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.