総計: 940925  今日: 38  昨日: 167       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成21年6月5日号[天地]
 善光寺の帰り、島崎藤村が「千曲川旅情の歌」を詠んだ小諸を訪ねた。信濃鉄道の小諸駅近く、小諸城址の懐古園には藤村記念館があり、「小諸なる古城のほとり」の歌碑が旅情をそそる。信州馬籠村に生まれた藤村は、上京して銀座の泰明小学校を卒業し、明治学院に進む。そ...
  平成21年5月20日号[天地]
 五月十日、フジテレビの「エチカの鏡」などで紹介された、徳島市・大日寺住職の金昴先(キム・ミョウソン)さんを七年前、取材した。大日寺は四国八十八箇所第十三番札所、金さんは韓国の重要無形文化財「僧の舞」「サルプリの舞」履修者という舞踏家。日本公演で泊まっ...
  平成21年5月5日号[天地]
 西日本各地には、正月の初詣に三つの神社を詣でる「三社参り」の風習がある。和歌山市では、日前宮(にちぜんぐう)と竈山神社(かまやまじんじゃ)、伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)の三社がそれ。三社を結ぶ形で猫の「たま駅長」 で有名な和歌山電鐵貴志川線が走って...
  平成21年4月20日号[天地]
 四月、桃の花が一斉に開くと、甲府盆地はピンク色に染まる。山梨県笛吹市では一日から十九日にかけて「桃の花まつり」が開かれた。天地子が訪れたのは十三日、低地の桃は既に花を散らしていたので、山すそに広がる同市御坂町へと車を走らせた。広域農道沿いに桃畑が広が...
  平成21年4月5日号[天地]
 大安寺を取材した翌三月二十四日、日差しが戻り温かくなったので、春季開放の若草山に登った。山焼きの後、少し芽生えてきた草を、シカたちが無心に食んでいる。サクラはまだ二分咲きほど。受付の人が頂上まで往復一時間と言うので、術後の試し運転のつもりだった▼とこ...
   平成21年3月20日号[天地]
 「胃の中央部に悪性のがんがありますから切りましょう」。そう言われたのが二月六日。二十日に手術し、胃の三分の二を切り取った。執刀医によると、天地子の胃は上部が膨らんでおり、ちょうどそこだけ残した格好になる▼切除した部分の病理検査によると、患部は意外に大...
  平成21年2月20日号[天地]
ジョン・ウー監督「レッドクリフ パートU」の試写会を見た。「パートT」は興行収入五十億円を突破、アジア映画では史上最高という。記者会見で監督は「日本映画の大ファンで、本作にも日本映画から学んだことが生かされています。撮影中もスタッフと黒沢監督の『七人の...
  平成21年2月5日号[天地]
 梅の便りに誘われ、鎌倉を歩いた。北鎌倉駅で降りて円覚寺へ。朝日を浴びて白梅が輝いていた。講義のような声が漏れてくる庭に、スイセンが群生して、黄色い花びらを揺らせていた。勢いよく駆けてきた若い僧が、ふと足を止め、お辞儀して通り過ぎる▼東慶寺は女性の駆け...
[1] [2] 
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.