総計: 872780  今日: 56  昨日: 186       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 平成26年案内 
 平成25年案内 
 平成24年案内 
 平成23年案内 
 平成22年案内 
 平成21年案内 
 平成20年案内 
 平成19年案内 
 平成18年案内 
 平成17年案内 
 平成16年案内 
 バックナンバ
社説
  平成22年3月20日号
   

日蓮宗第百一定期宗会
都市圏伝道を重点施策に

 

 

 

施政方針挨拶をする渡邊照敏宗務総長(左)、右は川久保昌耕議長=3月9日、東京・池上の日蓮宗宗務院

 

 

 立正安国・お題目結縁運動第一期四年を総仕上げする本年、日蓮宗(管長、酒井日慈大本山池上本門寺貫首。渡邊照敏宗務総長)第百一定期宗会(川久保昌耕議長、定数四十五、出席四十五)が三月九日から十二日までの四日間、東京・池上の日蓮宗宗務院で開催された。宗務総長提出の二十四議案は財務、総務、教務各委員会に付託され三日間にわたる慎重審議の結果、宗会最終日、各委員長報告後、二議案が修正可決、十九議案は原案通り可決された。三議案は承認。ミトラ・サンガ活動資金補助金下附請願など二十四の請願も全て採択された。

 平成二十二年度経常部会計予算は二十三億千八十一万円で前年比四千六百八十八万円減。同予算案において内局提示の納入率97%設定に明和会が疑問を呈し財務委員会で長時間論議の末、従来の96%に戻すことを決定。結果、歳入の部では課金が、歳出の部では財務費、予備費が修正可決された。本会議に先立ち酒井管長は開会式で法味言上後「宗門最高立法議決機関として責務を全うして欲しい」と教旨した。
◇宗務総長施政方針=@祖山(身延山久遠寺)総登詣は現在九万人を超えた。今後さらに推進するA本年は日蓮聖人伊豆法難七百五十年の聖辰を迎える。五月十二日に本山仏現寺で宗門法要を厳修するB宗門運動の第二期の育成活動のありかたを検討するC人口過密地域に優秀な人材を派遣し教線を拡大するD自民党国会議員の法華一乗会とは今後も緊密な関係を保つE葬式、寺、墓離れを憂慮する。闔宗(かっしゅう)の要請に応じて研究調査を実施するF教団の主体性と自主性を堅持しながら人権問題の解消を目指す(要旨)
◇小林順光・同心会会長代表質問。括弧内は宗務総長答弁=核廃絶は時代に対応した宗門運動だが(この五月に国連事務総長に親書を届ける。核廃絶を社会に訴える方策を実施していく)。多死社会に向けた取り組みが必要だが(現代宗教研究所など関係機関に諮り長期的方策を立てる)。国内開教の見通しは
・・・・

 

以降は新聞をご覧ください

 

夫婦別姓法案を阻止!
女性国会議員らが緊急声明
日本女性の会



夫婦別姓法案の阻止を訴える小野寺町枝・日本女性の会会長、右は竹田恒泰慶應大学講師=3月3日、参議院議員会館会議室
山谷えり子参院議員
高市早苗衆院議員
西川京子前衆院議員
稲田朋美衆院議員

 

 民主党政府による、選択的夫婦別姓制度を盛り込んだ民法改正法案の今国会提出が懸念される中、日本女性の会(小野田町枝会長)主催の集会「日本の国柄と家族の絆を守るため ストップ!夫婦別姓」が三月三日、東京・永田町の参院議員会館で開かれた。
 集会では、「平成のご巡幸」の上映に続いて、山谷えり子参院議員をはじめ五人の女性国会議員らが同法案に反対する意見を表明し、竹田恒泰慶應大学講師が「日本の国柄と家族の絆」と題して講演、決議文が採択された。満席で入場できなかった人を含め約五百人(主催者発表)が詰め掛け、関心の高さをうかがわせていた。
 同法案が国会に提出されるのを知り、急遽ブラジルから帰国した小野寺会長は「夫婦別姓は親子別姓でもあり、家族の絆が消え、家庭崩壊につながる。日本の国がなくなってしまう」と危機感を訴えた。
 意見表明に移り、山谷えり子参院議員は「同法案には再婚期間の短縮と非嫡出子の相続権の平等も含まれ、安易な離婚の増加や、家族経営の事業が継続不可能になる危険をはらんでいる。左派の千葉景子法相や福島瑞穂消費者・少子化担当相は、夫婦別姓は入り口で最終目標は戸籍の廃止だと言っている」と、同法案阻止は左翼思想との戦いであると語った。
 高市早苗衆院議員は「もし亀井静香大臣が署名すると内閣提出法案(閣法)として出され、与党は党議拘束がかかるので、衆議院で二日、参議院で二日、計四日ほどの審議で採決され、成立するだろう。亀井大臣が頑張ると議員立法になり、党議拘束がかからない可能性があるが、小沢幹事長はそうしないだろう。ただ、議員立法の場合は、同様の民法改正案を用意し、同じ法務委員会に出す方法がある」として、その内容を説明した。
 現在、通称としての旧姓の使用は、法務省関係の資格では可能だが、厚労省や農水省関係では不可、パスポートは戸籍名と通称を併記できるが、運転免許証はだめなどばらばらなので、「通称使用を届出し、その旨が戸籍に記載された場合には、国及び地方公共団体、専門職の資格を発行する団体は、戸籍名(旧姓)の併記型にしなければならない」とするもの。
 続いて、西川京子前衆院議員は、「民主党の政策綱領は旧社会党左派の社会主義協会の人たちが事務局に入って作っている。選挙を日教組、自治労が属する連合に依存しているため、彼らの求める政策をせざるを得ない民主党は左派政権だ。個人至上主義の社会を実現したスウェーデンは理想の福祉国家のように言われるが、犯罪発生率は日本の七倍で、青少年の犯罪率が非常に高く、子供の二割が麻薬中毒。既に家族が崩壊し、両親がそろっている普通の家族は少数で、家庭に教育力がないから、子育て、親の介護まで行政がしないといけない。その代わり、国民負担率・・・

 

以降は新聞をご覧ください

 

<2面>

  • イスラム教組織がキリスト者虐殺
    村を襲撃、200人以上が死亡
    ナイジェリア

  • アフガニスタン調査報告
    「仏教西漸」を探る
    龍谷大学

 

<3面>


  • 奈良県田原本町・鏡作神社を訪ねて
    古代、鏡作部たちの氏神
    三角縁神獣鏡を製造か

  • 東京に歴史エコ回廊を
    NPOと大学など連携へ
    法政大学

 

<4面>


  • 料理はいのちへの協力
    辰巳芳子氏が講演
    築地本願寺

  • 連載・遷都1300年の平城京(1)
    薬師寺を創建した天武天皇
    愛する皇后の病気平癒祈り

<5面>


  • 鷹司誓玉善光寺法主が講演
    日々の生活の中に念仏を
    浄土宗東京教区

  • 長谷川等伯と北陸の法華衆
    日像の足跡、吉田日光師に聞く

<6面>

  • 人・神明神社宮司 北正史さん
    伊勢の神の祝詞で幸せ祈る
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成22年4月5日号
 次のテキスト: 平成22年3月5日号
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.