総計: 980563  今日: 231  昨日: 230       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 社説平成26年 
 社説平成25年 
 社説平成24年 
 社説平成23年 
 社説平成22年 
 社説平成21年 
 社説平成20年 
 社説平成19年 
 社説平成18年 
 社説平成17年 
 社説平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成22年9月5日号社説
 

人のために生きてこそ

 約三十年前に亡くなった親の死亡届を出さず、遺族年金を子供が不正に受給していた事件が起こり、世間をあきれ返らせたが、年金受給者の実態を調べると、さらに深刻な事態が明らかになってくるのではないか。
 戦後、先進国はどこも福祉社会を目指し、国民の暮らしを豊かにすることに国の目標を置いてきたが、どうも福祉が進むにつれて、人間の品性が落ちていくのではないかと思ってしまう。暮らしを豊かにするのなら、同時に心も豊かにする必要があったのではないか。
 
共に生きる知恵を
 先日、百三歳、九十五歳、九十二歳の元気な男性三人の座談会をしたところ、共通していたのは人のために一生懸命働いていることだった。
 百三歳の人は八十歳の時から、自分の住んでいる町でタウン紙を出し、身近ないい話を載せて、自治会を通して町民に配布し、希望者には郵送してきた。九十五歳まで続け、百六十五号まで出した。それまで記者などの経験はなかったが、年金をもらって暮らせているので、何か恩返しをしないといけない、と思って始めたという。
 九十五歳の人は、現役の四十代から小さな親切運動に取り組み、六十歳を前に創立した会社を息子に譲ると、ボランティア中心の生き方に切り替えた。会社の上場で得た資産を生かして、ボランティア団体を助成したり、高齢者と中学生のディベートを主催したり、途上国の学校建設などを支援したりしている。
 九十二歳の人は、七十五歳で会社を辞めてからオイスカの四国支部長として、主に資金集めに奔走し、途上国の若者を受け入れ、研修を行う施設を支えてきた。
 いずれも、健康や仕事に恵まれたから、そうした活動ができたとも言えるが、むしろ、人のために生きることが、彼らの健康を支えてきたようにも思えた。恵まれた人生を、自分のためだけに使っては申し訳ない、という精神性である。それこそ、宗教心の極みではないだろうか。
 八月二十八日のNHK教育テレビ「ETVワイド ともに生きる『薬物依存』」によると、インターネットや携帯などで薬物が入手しやすくなったため、今や違法薬物の経験者は約二百七十六万人に上るという。
 経験者の話を聞いてよく分かったのは、薬物に手を出してしまうきっかけだ。必要以上に自分を追い込んでしまい、その苦しさから逃れようとして。友達の仲間に入ろうとして彼らのやっている薬物に手を出す。女性の場合はやせるためなど。共通しているのは、人間関係づくりの未熟さだ。
 薬物依存から立ち直った人の話では、同じ境遇の人たちの集まりで、自分のことを率直に話せたことが大きいという。仲間から得る力の大切さ、人間関係における自己開示の重要さを示している。
 人は一人では生きていけないのに、社会の個人化の進展で、共に生きることの知恵やスキルの退化が深刻化し、薬物依存はその氷山の一角のような気がした。人のために生きることの喜びを、もう一度子供たちに教える必要があるし、その前に、私たち大人自身がそのように生きていなければならない。
 
心を満たすのは人
 人の心は自然やペットでも満たされるが、最高に満たしてくれるのは、やはり人だと思う。思い、思われる人間関係があってこそ、人は心豊かに生きることができる。
 だから日本人は、先祖は亡くなっても身近にいて、私たちのことを守っていると考えてきた。目には見えない存在を信じることが、この社会を健全に保っていたと思う。
 人のために生きることが、結局は自分のためになることを、先祖の人たちは経験的に知っていたのだろう。むしろ、共同社会はそうしないと維持できなかった。そうしたかかわり合いを、家族や地域社会につくっていくことに、意識的に取り組むことが必要な社会に、今はなっている。現代社会に宗教が果たす重要な役割の一つも、そこにあるように思う。

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成22年9月20日号社説
 次のテキスト: 平成22年7月20日号社説
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.