総計: 1053772  今日: 115  昨日: 358       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成22年10月5日号[天地]
   秋分の日に、天地子の自治会で、氏神の秋祭りがあった。農村にある三十メートルほどの小山の南麓に開けた三十三軒の集落で、山の上に小さな神社がある。牛頭天王を祀る八坂神社で、地元では「お天王さん」と呼ばれている▼朝八時から掃除。山から神社に至る二本の道と境内、社殿を総出できれいにする。生い茂った笹は草刈機で刈り払う。ところが七時頃から雷雨になり、急きょ延期の電話を班長たちに。自治会長になると心労が絶えない。そのうち、雨が上がったので八時半から掃除を始めた▼しめ縄は前日に長老と二人でない、神主に作ってもらった紙垂(しで)と長老自作の飾りを付けた。しめ縄用のわらは長老が準備していてくれる▼神事は十一時から。また雨が降り出し、坂道がぬかるんできたので、下の自治会館で行うことに。山の上の神社に向けて祭壇を作り、神饌を供えた。中には、神社でやらないとと言う人もいたが、お年寄りたちは喜んだ。みんなそろったので神社を遥拝し、祝詞を奏上、玉串をささげて豊作を感謝した。もっとも本格的な稲刈りはこれからだ▼昔は当番の家が甘酒を造り、それを山の上に運んで、みんなで飲んでいた。今は仕出し弁当を取り、お汁と酢の物を婦人会で用意する。簡略化していきながらも、みんなが集まってわいわい騒ぐ楽しみは続けたい、というのが誰もの思いだ。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成22年10月20日号[天地]
 次のテキスト: 平成22年9月20日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.