総計: 1053803  今日: 146  昨日: 358       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成22年12月5日号[天地]
   紅葉に誘われて十一月二十九日の月曜、高尾山に登った。ケーブルカーの清滝駅から稲荷山コースで五百九十九メートルの山頂まで約一時間半。日曜に予定していたのだが、混むとの情報で変更、正解だった。平日なのにたくさんの人出で、中高年の女性が圧倒的。ふもとのモミジは終わりごろだったので、山頂はどうかと心配しながら登る▼山道には落ち葉が積もり、木の根がヘビのようにはっている。カシやスギの緑の中に、カエデやケヤキの黄色が混じり、ところどころ色づいたモミジが自己主張している▼視界が開けたところに出ると、紅葉に染まった山の向こうに高層ビルの建つ東京が見える。ここはまだ山の東斜面。中腹を過ぎると西側に出て、雪をかぶった富士山が姿を見せた▼最後の長い階段を上ると山頂。ケーブルの山頂駅とは反対側、富士山が前面に見える展望台近くに出る。うれしいことに紅葉は今が盛り。黄色から真紅までモミジのグラデーションが目を楽しませてくれた▼前回登ったのは二十五年前、長男が四歳の頃。六年前、彼は二十二歳で早世した。息子を肩車して歩いた山道を、今は一人で歩いている。楽しい思い出も悲しい思い出もない交ぜになり、モミジの色が深く心に残った。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 最初の掲示物です。
 次のテキスト: 平成22年11月20日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.