総計: 1053765  今日: 108  昨日: 358       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成23年9月5日号[天地]
   八月五日、二十五年ぶりに富士山に登った。吉田口五合目を夜十一時に出発。以前と違うのは、多くの人がLEDライトを持ち、女性の登山服がファッショナブルなこと。バイオトイレは五合目の五十円から登るに応じて百円、二百円と値上がりし、頂上では三百円、記念に利用した▼夜の登山は目を楽しませるものが少ないが、ひたすらご来光への期待で我慢する。その時を迎えたのは八合目。山小屋前の手すりにデジカメを据え、刻々と変わる光景を収める。雲の多いのが幸いして、太陽の光で世界が変わっていくのがよく分かる。振り返ると、ご来光に体を赤く染めながら、誰もが顔を輝かせていた▼白装束の一群が「六根清浄〜」と祝詞を唱え始めた。太陽の女神アマテラスを称える言葉が響き渡る。古来、富士は信仰の山だった。日本人の信仰の原点に触れた思いで感動していた。九合目から上は、まさにアリの行列。雲海の向こうに浮かぶ八ヶ岳、緑の絨毯の中にたたずむ山中湖が目を楽しませる▼山頂は前と同じ国際都市の風情で、アジア系がやや少なく、欧米系が目立った。火口の周りをお鉢巡りし、八百円の豚汁を食べた▼下山道は快適に整備されていて、砂道のクッションに太ももを躍動させながら、一気に駆け下りた。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成23年9月20日号[天地]
 次のテキスト: 平成23年8月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.