総計: 1055252  今日: 210  昨日: 322       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
   平成24年11月20日号[天地]
   奈良国立博物館の正倉院展で、コバルトブルーの「瑠璃坏(るりのつき)」を目の当たりにした。銀製の脚部は朝鮮半島で加工されたものだという。いろいろな人の手を経て、奈良にたどり着いたのだ。東大寺大仏の開眼供養に備えられた可能性が高いという▼予想以上に深い青が美しい。これがペルシャで作られ、シルクロードを通って、中国、朝鮮を経て奈良に運ばれてきたのかと思うと、美に対する人々の憧れの強さを感じる▼土曜日の朝、開館の九時半に行ったのだが、既に長蛇の列で、一時間待ち。話題性もあるだろうが、美しいものを見たいという人々の主は、昔も今も変わらない。同展が毎年秋に開催されるのは、空気が乾いた秋に宝物の点検、修復を行うためで、その間の展示なので期間も短いのである▼奈良公園を歩くと紅葉が色づき、鹿がせんべいをくれる観光客に群がっていた。東大寺の山門前は、ハゼの葉が紅色を深め、黄色のイチョウ、緑の芝生と対照的。季節の変化で変わる風景、その折々の美しさが配慮されていてうれしい▼天理で目を引かれたのは、色鮮やかに発色したカエデの並木。青い三輪の山並みを背景に際立ち、宗教性漂う街に映えて、まさに「青垣 山こもれる やまとしうるわし」だった。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成24年12月5日・20日合併号[天地]
 次のテキスト: 平成24年11月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.