総計: 1053801  今日: 144  昨日: 358       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成24年12月5日・20日合併号[天地]
   新島襄と八重が眠る同志社墓地は、京都・東山のふもとにある若王子神社から山を登った所にある。かなりの山道で、息を喘がせながら二十分、木立の中にたくさんの墓石が立っていた。十字架を彫ったキリスト教式の墓が多いが、普通の墓もある▼静養先の大磯で亡くなった上の遺体を、同志社の学生たちが京都に運び、ここに葬ったという。墓碑の字は勝海舟が書いた。近くに八重の兄・山本覚馬の墓もあった▼面白いことに、学生時代に八重を「鵺のようだ」と批判した徳富蘇峰の墓も並んでいる。同志社を中退した蘇峰だが、襄への尊敬の念は生涯変わらず、その最期を看取り、葬儀の日に、八重にかつての非礼を詫びたという▼来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」のせいか、墓には新しい花が供えられ、墓参者が絶えない。襄の墓に頭を垂れ、真剣に祈っている男性がいた。いい場面だと思い写真を撮って、山を下りようとしたところ、ふと見たことのある人だと思い、振り返ると京都の古い友人だった。八重が引き合わせてくれたのだろうか▼徒歩三十分で岡崎の金戒光明寺へ、さらに三十分歩いて新島襄旧邸へ。予約制だが定員に達していないので飛び込みで見ることができた。旅先では小さな好運がうれしい。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 最初の掲示物です。
 次のテキスト: 平成24年11月20日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.