総計: 1011396  今日: 201  昨日: 282       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成25年9月20日号[天地]
   土手や畔に彼岸花が赤い花を咲かせるようになると、イイダコの季節である。イイダコは白いものを攻撃する性質があり、それを利用して、ラッキョウのような彼岸花の球根を針に付け、釣り上げる。もっとも、よく使われるのは陶器製の白い球である。イイダコには鋭い歯があり、よく釣糸を切ってしまうので、そのたびに付け替えることになる▼イイダコに合うのがタイモで、やはりこの時期に出荷が始まる。イイダコとタイモの煮込みは、海の味と野の味とが程よく溶け合い、秋の味覚の代表だ▼タイモはドジョウにもよく合う。水路が整備される前は、小川にドジョウがたくさんいたので、竹製の道具で掬い取っては井戸水で泥を吐かせ、煮込みうどんの具にしていた▼最近はシジミも見えなくなったと思っていたら、友達が農作業の途中で捕まえたスッポンを割いたところ、腹から大量のシジミの殻が出てきたというから、回復してきているのだろう。取材で訪れた松江で、お昼にシジミ汁定食を頂き、宍道湖の味覚を堪能した▼味には時と場所があり、旬のものを産地で食べるのが贅沢の極みだろう。地産池消が地域経済を回し、人々を健康にし、何より地域の文化を育てる。おいしく食べて地域文化の振興に貢献したい。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成25年10月05日号[天地]
 次のテキスト: 平成25年9月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.