総計: 1011409  今日: 214  昨日: 282       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成25年11月20日号[天地]
   太宰府天満宮の北東にある宝満山の麓に鎮座する竈門(かまど)神社に、初めてお参りした。神武天皇の生母・玉依姫命が主祭神で、相殿に神功皇后・応神天皇を祀る。天智天皇三年(六六四)に大宰府が設置されたとき、鬼門に当たる宝満山で鬼門除けの祭祀が行われ、白鳳四年(六七三)に社殿が造られたというから、太宰府天満宮より二百年古い▼やがて九州の総鎮守とされ、天智天皇十二年(六七三)、心蓮という僧が山中で修行中に玉依姫が現れたことにより、朝廷によって山頂に上宮が建てられた。平安時代には唐に留学する最澄や円仁が、山頂から玄界灘を見ながら渡航の安全を祈ったという。空海にも縁があり、英彦山とつながる修験道の道場となって、竈門山寺、宝満大菩薩と称した。山麓には堂坊が建ち並んだが、室町時代に戦乱で衰退。明治の廃仏毀釈により竈門山寺は破壊され、わずかに一つの社殿が残るだけになったという▼そんな古い神社に、現代的なカフェテラスが造られ、コーヒーを味わいながら、沈む夕日を堪能した。紅葉のライトアップも始まるという。玉依姫のゆかりから縁結びの神様として信仰を集め、結婚式が行われている。若い二人が将来を誓い合うのにふさわしい、神聖な空間だった。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成25年12月5日号[天地]
 次のテキスト: 平成25年11月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.