総計: 1055259  今日: 217  昨日: 322       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 社説平成26年 
 社説平成25年 
 社説平成24年 
 社説平成23年 
 社説平成22年 
 社説平成21年 
 社説平成20年 
 社説平成19年 
 社説平成18年 
 社説平成17年 
 社説平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成26年7月20日号社説
 

神々と共にある暮らし

 田植えが終わる時期、各地で「さのぼり」と呼ばれる神事、ないしは慰労会が行われる。東北、関東では「さなぶり」という田植の終りに田の神を送る祭りで、田植始めに行う「さおり」に対応している。「さ」は「早乙女」「早苗」など、稲作に関する言葉の頭に付き、田の神を意味する。

サッカーの神
 日本人の民俗文化を形成してきた稲作に典型的にみられるように、自然界や人々の営みの背後には神がいて、神に仕えながら、人々と共に働くことが大切にされてきた。同じように、球場には野球の神が、サッカー場にはサッカーの神がいるという感覚が私たちにはある。だから、競技場に入る時、去る時には自然に礼をするようになる。
 ブラジルでのサッカー・ワールドカップで日本は一勝もできないまま一次リーグを敗退したが、神に見放されたわけではなく、神の試練と受け止めるべきだろう。優勝も狙えると、少しいい気になっていたのを戒められた。まだまだ苦労が足りない、努力すればもっと強くなれると、励まされたのである。
 こうした感性は、もちろん日本人だけのものではない。むしろ、世界の各民族に共通する宗教的感性であろう。六月二十二日に放映されたNHKスペシャル「民族共存へのキックオフ〜オシムの国のW杯〜」は、その思いを再認識させるものであった。
 サッカーの元日本代表監督イビチャ・オシム氏は旧ユーゴスラビア、現・ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボで生まれた。サラエボのサッカーチームで頭角を現し、東京オリンピックにはユーゴスラビア代表として出場し、日本との順位決定戦で二ゴールを挙げている。
 一九八六年にユーゴスラビア代表監督に就任し、九〇年のワールドカップイタリア大会ではベスト8に躍進したが、その後、ユーゴスラビアは分裂してしまう。九一年夏にはスロベニアとクロアチアが連邦から離脱し、両国の選手抜きで欧州選手権に臨むことになった。九二年、ユーゴスラビア代表チームは国連の制裁決議を受け、欧州サッカー連盟、国際サッカー連盟の国際大会に参加できなくなった。
 ボスニア・ヘルツェゴビナが独立したのは九二年。しかし、正教徒のセルビア人、ムスリムのボシュニャク人、ローマ・カトリック教徒のクロアチア人の対立から紛争が勃発し、悲惨な民族浄化さえ起き、二十万人もの犠牲者を出してしまった。九五年に国際連合の調停で紛争は終結したが、各民族の間には深い傷跡が残っている。
 こうした民族対立をサッカーで乗り越えようと考えたオシム氏は、民族ごとに分裂しているサッカー連盟を統一し、ブラジル大会参加への道筋を開いた。旧ユーゴスラビアから分離独立した国々では、まずクロアチアとセルビアが九八年フランス大会に、スロベニアが二〇〇〇年日韓大会に出場した。ボスニア・ヘルツェゴビナが遅れをとったのは、ムスリム系が多数を占め、セルビア系、クロアチア系が排除されていたから。それを乗り越えさせるのがオシムの悲願だった。
 今回の代表チームではセルビア系、クロアチア系の選手も活躍し、イランに3│1で勝ち、記念すべきワールドカップでの初勝利を挙げた。この快挙に、国民が湧き立ったのは言うまでもない。まさにサッカーの神が微笑んだのである。

人間を超えた存在
 近代がたどり着いた民主主義は、最善ではないが最悪を防ぐ政治体制だと言われる。民主主義の核心は基本的人権の擁護だが、それが人間中心主義に偏してしまうと、自然破壊をはじめ様々な弊害を生むことが明らかになった。人間らしい暮らしを守るには、人間を超えた存在を意識した文化を大切にすることが鍵になる。
 水田の緑が日ごとその色を濃くしていくのを見れば、人間を超えた大いなる存在の働きを感じるのが、自然の感性だろう。世間の煩わしさを煩わしいと思わず、悩むのではなく考え、より良い明日のために汗を流す気力や知恵も、そこから湧いてこよう。

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成26年8月5日号社説
 次のテキスト: 平成26年7月5日号社説
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.