総計: 829965  今日: 159  昨日: 172       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 社説平成26年 
 社説平成25年 
 社説平成24年 
 社説平成23年 
 社説平成22年 
 社説平成21年 
 社説平成20年 
 社説平成19年 
 社説平成18年 
 社説平成17年 
 社説平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成20年12月5・20日号社説
チェンジの中身が問われる  今年の流行語大賞が「政権交代」であったように、約五十年ぶりに本格的な政権交代が行われた日本だが、経済は不況を脱出できず、沖縄の米軍普天間基地の移設をめぐって日米関係に懸念が生じ、鳩山政権の行く手に暗雲が垂れ込め始めている。米...
  平成20年11月20日号社説
国民と共に歩まれ  「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」でのお祝いメッセージで楽しかったのは女優の森光子さん。「天皇陛下がお生まれになった年に、住んでいた京都で流れてきた歌を今も覚えています」と言って、その一節「鳴った鳴ったサイレン、天皇陛下お...
  平成20年11月5日号社説
祝天皇陛下御即位20年天皇皇后両陛下を戴く幸せ  天皇陛下が本年、御即位二十年を迎えられたことを心よりお祝い申し上げます。 御即位二十年を記念して出版された『道』(宮内庁編、NHK出版)には、平成十一年から二十年までの両陛下のお言葉がまとめられている。様...
  平成20年10月20日号社説
「和」で世界に貢献を  就任九カ月目でのオバマ米大統領のノーベル平和賞は少し早すぎる気もするが、将来への期待を込めた選考なのだろう。核廃絶は国際協調、民族・宗教融和が実現してこそ達成される。地球の温暖化防止や自然環境保護もそうだ。理想は見えても、たどり...
  平成20年10月5日号社説
恬F愛搦タ現への課題  九月二十四日午後(日本時間二十五日未明)、国連総会一般討論で演説した鳩山由紀夫首相は、日本の国連加盟が承認された昭和三十一年当時の首相、祖父・鳩山一郎を「友愛思想の唱導者」と紹介し、「日本は友愛精神に基づいて、世界の架け橋となる...
  平成20年9月20日号社説
政権交代後の日本へ  九月十三日(日本時間十四日)マリナーズのイチローが大リーグ新記録恚續N連続二百安打揩達成した。自ら「重圧には弱い」と言うイチローは、毎年、百七十安打を超えるころ、「吐き気をもよおす」ほどのプレッシャーに苦しんでいたという。「自己...
  平成20年9月5日号社説
友愛社会への道  鳩山由紀夫・民主党代表のホームページには、冒頭に「『友愛社会』の実現を目指して」というタイトルの下、「民主党の目指す社会は、私流に言えば友愛社会です。すなわち、個人の自立・尊厳を前提に互いに支えあう社会です。今日、日本が直面している最...
  平成20年8月5日・20日合併号社説
日本人の「甘え」と信仰  名著『「甘え」の構造』で知られる精神科医の土居健郎(たけお)さんが七月五日、老衰のため八十九歳で亡くなった。同書は「甘え」をキーワードに日本人の精神構造を解明したもので、海外八カ国で翻訳され、世界の心理学界で「あまえ」は「あま...
  平成20年7月20日号社説
中国に「和」の恩返し  七月五日、中国新疆ウイグル自治区で起きたウイグル族と漢民族の騒乱は、百八十四人もの死者を出す惨事になった。中国政府は死者の内訳を、漢族百三十七人、ウイグル族四十六人、イスラム系少数民族・回族一人と発表したが、「ウイグル族のデモに...
  平成20年7月5日号社説
宗教と科学と人間と  映画「天使と悪魔」は、キリスト教会に弾圧されたガリレオ以来の科学者たちの秘密結社・イルミナティが、新しい教皇を選出するコンクラーベが行われているバチカンのローマ教皇庁に反物質の爆薬を仕掛け、カトリック教会に復讐するという筋書き。ス...
[1] [2] 
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.