総計: 1052654  今日: 29  昨日: 337       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成18年11月20日号[天地]
   十一月十一日から始まったNHKの土曜ドラマ『ウォーカーズ 迷える大人たち』(四回連続)の舞台は四国。二十代から六十代までの九人が、それぞれの事情を抱え四国八十八カ所を巡る。三十代半ばの主人公は、携帯電話メーカーの開発部のエース(江口洋介)で、三週間の夏休みを取り、十五年ぶりに故郷の徳島に帰って来る。実家の寺を継ぐのを断り、断絶状態だった父が、がんで余命半年だと母から知らされる。母は、息子が僧になるのを決め、婚約者(戸田菜穂)を連れて帰ると夫にうそを言う。喜んだ父は、それなら霊場巡りをしろと命じた▼ドラマ第一回の副題は「発心」。始まりの徳島が「発心の道場」だから。以後、高知は「修行」、愛媛は「菩提」、香川は「涅槃」の道場とされる。予告だと、道の険しい高知で、それぞれの問題が明らかになりそうだ。自分をさらにしたいという若者。子供の問題に悩む中年夫婦。話のすれ違う熟年夫婦には離婚の危機がありそう。二百回以上回ったという先達も何か怪しい▼ライターの仕事をやめたくなく、結婚を考え直すと言って東京に帰った婚約者が、十二番目の寺に巡礼姿で現れる。彼女は何を考えたのか。主人公はどうするのか。登場人物に自分の事情を重ね合わせながら、一緒に遍路をしている気分になれる▼全行程千四百キロの遍路は歩き修行。肉体の苦痛を通り抜けると、少しずつ雑念がそぎ落とされ、本当の自分が見えてくる。主人公の恋人役の戸田さんは、最後に結願の大窪寺にたどり着き、一緒に歩いてきた金剛杖を洗ってお返ししたとき、「風呂から上がったときのような爽快感を味わった」と語っていた。今、お遍路さんは年間約十五万人。来年はもっと増えそうだ。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成18年12月5日号[天地]
 次のテキスト: 平成18年11月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.