総計: 829965  今日: 159  昨日: 172       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成25年12月5日号[天地]
 湯布院の温泉宿に泊った早朝、朝湯で暖まった後、朝霧の中を由布岳の麓にある金鱗湖を目指して歩いた。この季節、由布院盆地には朝霧が発生し、山腹の展望台から見るとまるで湖のようになる。前日、バスガイドからこんな話を聞いた。昔、由布院盆地は大きな湖だったが、...
  平成25年11月20日号[天地]
 太宰府天満宮の北東にある宝満山の麓に鎮座する竈門(かまど)神社に、初めてお参りした。神武天皇の生母・玉依姫命が主祭神で、相殿に神功皇后・応神天皇を祀る。天智天皇三年(六六四)に大宰府が設置されたとき、鬼門に当たる宝満山で鬼門除けの祭祀が行われ、白鳳四...
  平成25年11月5日号[天地]
 京都市山科区四ノ宮にある一燈園の「秋の集い」の後、弦楽器の祖とされる人康(さねやす)親王の史跡を歩いた。そもそも四ノ宮の地名が、仁明(にんみょう)天皇の第四皇子だった親王にちなんだものとの説もある▼八三一年に生まれた人康親王は二十八歳で失明して出家、...
  平成25年10月20日号[天地]
 地元の神社の秋祭りの裏方をして、神社のお祭りの意味がよく分かった。伊勢神宮では外宮の御饌殿で、毎日朝夕の二度、天照大神をはじめ神々に大御饌と呼ばれる食事を差し上げている。これが「日別朝夕大御饌祭」で、つまり神々が人々と共に生きて暮らしているのである。...
  平成25年10月05日号[天地]
 宮崎駿監督のアニメ「風立ちぬ」は、まさに監督の遺言のような作品だった。真剣に人を愛し、真面目に仕事をし、そして「生きよ」という。堀辰雄の小説『風立ちぬ』に、ゼロ戦などの設計者・堀越二郎の半生を重ねたもので、小説では「風立ちぬ、いざ生きめやも」(風が立...
  平成25年9月20日号[天地]
 土手や畔に彼岸花が赤い花を咲かせるようになると、イイダコの季節である。イイダコは白いものを攻撃する性質があり、それを利用して、ラッキョウのような彼岸花の球根を針に付け、釣り上げる。もっとも、よく使われるのは陶器製の白い球である。イイダコには鋭い歯があ...
  平成25年9月5日号[天地]
 残暑はまだ続きそうだが実りの秋がやってきた。早いところでは、お盆過ぎから稲刈りが始まっている。六月に田植えをした稲は、穂が出始める頃で、十月に収穫する。植える時期と品種によって収穫時期をずらさないと、コンバインや乾燥施設がフル稼働しても追い付かなくな...
  平成25年8月5日号[天地]
 この時期、水田ではカエルの声がかまびすしい。そのカエルを、日本最大の水生昆虫であるタガメが狙っている。そのタガメを餌にするのがシラサギ。緑色を深めていく田んぼに、集団で飛来してくる。カエルは小さな昆虫やミミズなどを食べている▼若山牧水が「白鳥はかなし...
  平成25年7月20日号[天地]
 社説に続けて書くと、古事記が言いたいのは、自然そのものが神であり、すべての始まりは男女の愛にあるということだ。天皇制度、とりわけ権威と権力との分離、皇位継承の制度化において、女帝の貢献は目覚ましい。神のごとくと詠われた天武天皇の偉業も、妻の持統天皇に...
  平成25年7月5日号[天地]
 空梅雨かと思ったら、六月十五日から一転、長雨になった。六月の空梅雨は、麦作農家にはうれしい。よく稔り、刈り取りがスムーズに行えるからだ。その後、すぐに堆肥を入れ、田起こしをし、水を入れて代掻きをする。この時期、水不足だと水争いが起きたりする。空梅雨で...
[1] [2] 
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.