総計: 1053793  今日: 136  昨日: 358       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成19年10月20日号[天地]
  秋晴れの休日、わが家の近くの田んぼで「香川の酒さぬきよいまい」収穫体験・交流会が行われた。参加したのは香川初の酒米「さぬきよいまい」のオーナーや酒米を開発した香川大学教授と学生、酒造組合や農家の人たち約六十人。たわわに実ったイネをかまで刈り取った▼稲刈りが初めての人には、地元の農家の人たちが手本を示す。もっともコンバインでの刈り取りが普通の今では、かまを使うのは田んぼのすま刈りくらい。年配者は昔を思い出しながら、楽しそうに教えていた▼酒米の開発が始まったのは平成二年のこと。「オオセト」と高級品種の「山田錦」を交配させて得た千種の中から、十二年かけて平成十五年に選び出された。オオセトに比べて米粒が大きく、たんぱく質が少ないのが特徴で、米粒が大きいとこうじ菌が働きやすく、たんぱく質が多いと酒が変色しやすいという。同米が原料の酒はまろやかで味にふくらみがあると評判で、今年は地元の酒造会社五社が醸造する▼会費五千円の同米オーナーは、酒米の収穫から精米、醸造までの作業を体験し、来年三月に新酒三本を受け取る▼この日、収穫された酒米は、低温除湿乾燥方式で処理された後、もみすり。その後、酒造会社で50%に精米され、十二月に仕込みが行われる。ビールや焼酎に押されて消費が低迷の日本酒。新しい酒米による新酒で人気回復を目指している。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成19年11月5日号[天地]
 次のテキスト: 平成19年10月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.