総計: 1472513  今日: 139  昨日: 484       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成17年4月20日号[天地]
   二〇〇七年問題というのがあるそうだ。昭和二十二年から二十四年生まれの団塊の世代七百万人が定年を迎えるため、@一日中家にいるようになって妻が悲鳴を上げるA地域になじめないB職場では技術が継承されない、そしてC年金財政が破綻する―といった問題が起こりかねない▼それを巨大なマーケットととらえるとビジネスチャンスになる。自治体では、第二の人生を豊かな自然の中で過したいという人たちが増えると見て、その誘致に知恵を絞っている。「団塊の世代」の名付け親でもある堺屋太一氏は、老人向けの食事や衣類、住宅、レジャーなど無限の可能性があると、灰色をバラ色に塗り替える。現にリフォーム需要は急増している▼という天地子も団塊真っ只中。ひとごとではないのだが、果たしてそんなに大げさに騒ぐことかとも思う。というのは、何しろ小さいころから競争の中で育ってきたものだから、自分の考えで生きるしかないと思っている。イデオロギーの空しさも見てきた。だから、どこかの国のように何でも人のせいにはしたくない。そんな世代は、一斉に何かをするということはない▼それに、もう先は見えているのだが、決して悲観はしないで、それなりの夢を追い続けようとする。自分なりの技能や知識はあっても、それにこだわることはない。そして人生の伴侶とは、やっと労わり合えるような関係になりつつある…と思いたいのだが。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成17年5月5日号[天地]
 次のテキスト: 平成17年4月5日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.