総計: 1461895  今日: 22  昨日: 144       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成17年6月20日号[天地]
   六月は衣替え、犬の毛も生え変わる。わが家のシロ七歳も周りに白い毛を撒き散らしている。五月三十日のNHKクローズアップ現代で、飼い犬の問題行動が論じられた。家庭で飼われる犬は約一千万匹で、市場規模が二兆円に膨れる中、誰かれ構わずかみつく、むやみに吠えるなどの犬が増えている。その背景には、生後四十日前後で親から引き離されていることがある。子供の頃の方がかわいくて高く売れ、餌や予防注射代も安く済むためだ▼犬も社会的動物なので、少なくとも三カ月は親の下で、兄弟と遊びながら育たないと正常に育たないという。何のことはない人間と同じで、早期の母子分離が子犬の心の成長を妨げているのだ。人間のエゴイズムで、かわいそうな犬を増やしていることを反省しなければならない▼シロは捨て犬で、家の前にひょろひょろ歩いてきたのを息子が拾った。最初はよくコオロギを追いかけていたので、野山でそんな暮らしをしていたのだろう。その後、かわいがって育てたので、母子分離のトラウマは出なかった。三年前、首輪を付けた茶色の犬がわが家に居つき、虐待されたらしく怯えている、と言って妻が拾った。オス同士のシロとの仲も良く、一年間かわいがると穏やかな顔になった。狂犬病の予防注射に連れて行き、名前を「シロとチャ」と告げると「そのままやね」と笑われた。チャは昨年、フィラリアで亡くなったが、いい思い出を持って行ったと思う▼シロは健康そのもの。散歩に連れて行くのは天地子だけなので、帰宅を純粋に喜んでくれる。そう言うと妻は嫌な顔をするのだが…。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成17年7月5日号[天地]
 次のテキスト: 平成17年5月20日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.