総計: 1053774  今日: 117  昨日: 358       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!

 

  平成20年12月5・20日号[天地]
   カキのおいしい季節がやってきた。天地子の家の近くの湾ではカキの養殖が盛んで、この時期、一人二千円で鉄板焼き食べ放題を楽しめる。海から引き揚げたばかりのカキがバケツで運ばれてくると、軍手に金バサミで焼けた鉄板の上に並べるので、何だか土木作業のようだ。箱ごとカキを買ってきて、野外キャンプ用の炉で炭火焼きすればもっと安い▼ニューヨークのセントラルステーションの地下にオイスターバーがある。メニューに、東海岸で養殖されている数十種類のカキが並んでいた。その中に、MATSUSHIMAなど日本種と思えるカキがいくつかあるのを発見し、注文したのを覚えている▼上記の世界連邦宗教者大会で講演した畠山重篤さんは、今年、八年連続で二百本安打を達成したシアトル・マリナーズのイチロー選手とカキとの意外な関係に触れ、「イチロー選手はシアトルでよくカキを食べている。ヒット量産はカキと沖縄の宮城新昌さんのおかげだ」と話したという▼宮城さんは沖縄・大宜味村の生まれで、ハワイでサトウキビ農場や肥料工場で働いた後、米国、オランダに渡り、カキ養殖を学んだ。帰国後、宮城県石巻市でカキの養殖に成功し、米国輸出の道を開いたという。現在、米国に広がっているカキの多くは宮城県産のカキ種なのだ。NYオイスターバーでの不思議が十年ぶりに解明され、うれしくなった。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 最初の掲示物です。
 次のテキスト: 平成20年11月20日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.