総計: 1053803  今日: 146  昨日: 358       Home Search SiteMap E-Mail
The Religion News
最新号案内
社説
天地
宗教新聞社講演会
お申し込み
宗教新聞に期待します
訂正記事
 天地平成26年 
 天地平成25年 
 天地平成24年 
 天地平成23年 
 天地平成22年 
 天地平成21年 
 天地平成20年 
 天地平成19年 
 天地平成18年 
 天地平成17年 
 天地平成16年 
  メニュー
最新号案内
社説
天地
お申し込み
訂正記事
  リンク集
    宗教界
 購読お申し込み・お問い合わせはこちらフォーム入力できます!
こちらまで
  検索エンジン
記事が検索できます!
  平成23年8月5日号[天地]
   壱岐から博多への船旅は快適だった。玄界灘の一部なのだが、壱岐水道はまるで瀬戸内海のように波が穏やかで、大型フェリーは海面を滑るように進んだ。天気晴朗にして波低し。せっかく指定の二等船室を取ったのだが、三十分ほど仮眠しただけで、船頭デッキに立ち続けた▼壱岐に海水浴に来ていた若者のグループが、映画「タイタニック」のシーンをまねて、彼が体を前に突き出し、彼女がその腰を支えた。映画では反対だったが。ロングスカートを海風にそよがせる女性は、中島みゆきの名曲「歌姫」の一節「スカートのすそを潮風に投げて」を思わせた。ずっとデッキの先に、頬杖をついて立ち続け、海の向こうを見続けている女性もいた。海は人々にロマンな気持ちを起こさせるらしい▼東京に帰り東京国立博物館で特別展「孫文と梅屋庄吉展 100年前の中国と日本」を見た。驚いたことに、梅屋庄吉の妻トクは壱岐の生まれだった。英語が堪能だったトクは庄吉の秘書代わりを務め、孫文と宋慶齢との仲も取り持ったという。それも、女同士として彼女の胸のうちを確かめたというのだから、かなり親密だったことが分かる。ちなみに庄吉は長崎生まれの実業家で、映画の日活創業者の一人、孫文に革命資金を提供した。壱岐に生まれ、「電力の鬼」と呼ばれた松永安左エ門が、今生きていればとも思う。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 平成23年9月5日号[天地]
 次のテキスト: 平成23年7月20日号[天地]
 特集
 社是
syaze1
syaze2
syaze3
rn1
space
 -宗教新聞社- The Religion News Copyright (C) 2004 All rights reserved.